このエントリーをはてなブックマークに追加

 

健康のために血糖値が大切だとか糖尿病になってしまうとか言うけど、糖尿病ってどんな病気で、糖尿病になったらどうなるのか?

 

そもそも、糖尿病とはどんな病気か知っていますか?糖尿病情報センターによると

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。

 

血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(糖尿病の急性合併症)。

引用元:糖尿病とは | 糖尿病情報センター

 

となっています。

 

 

種類

そsの糖尿病、実は大きく分けて

 

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病

 

の2種類があります。

1型糖尿病

こちらも、糖尿病情報センターによると

1型糖尿病では、膵臓からインスリンがほとんど出なくなる(インスリン分泌低下)ことにより血糖値が高くなります。生きていくために、注射でインスリンを補う治療が必須となります。この状態を、インスリン依存状態といいます
引用元:糖尿病とは | 糖尿病情報センター

 

となっています。1型糖尿病は糖尿病全体の1割以下

 

2型糖尿病

2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり(インスリン分泌低下)、インスリンが効きにくくなったり(インスリン抵抗性)することによって血糖値が高くなります
引用元:糖尿病とは | 糖尿病情報センター

 

糖尿病全体の9割以上が2型糖尿病で、一般に糖尿病と言ったときは2型を指します。

 

そして、1型2型とは別に、他の病気や治療薬等の影響で血糖値が上昇、糖尿病を発症する事もあります。代表的なのが妊娠糖尿病。これは

妊娠中に初めてわかった、まだ糖尿病には至っていない血糖の上昇
を指します。妊娠中は
胎盤からでるホルモンの影響でインスリンが効きにくくなり、食後の血糖値は上がりやすくなります。

 

多くの場合、高い血糖値は出産のあとに戻りますが、妊娠糖尿病を経験した方は将来糖尿病になりやすいといわれています。

引用元:糖尿病とは | 糖尿病情報センター

 

検査

糖尿病と診断されるのは、幾つかの検査を受けて、その結果が条件を満たした場合です。検査項目は

 

HbA1c 過去1~2ヶ月の血糖値の状態を繁栄した数値
空腹時血糖値 最後に食事をしてから10時間経過した状態での血糖値
随時血糖値 食事時間とは無関係に測定した血糖値
75gOGTT値 空腹時に75gのブドウ糖水を飲み、30分後、1時間後、2時間後に測定した血糖値

 

HbA1c、空腹時血糖値、随時血糖値、75gOGTT値のいずれかが基準値を超えている場合を「糖尿病型」といい、空腹時血糖値、随時血糖値、75gOGTT値のいずれかとHbA1c値の両方が糖尿病型である場合、もしくは口渇(口の渇き)、多飲、多尿、体重減少などの典型的な糖尿病の症状が出たり、糖尿病網膜症がある場合は、1回の検査で「糖尿病」と診断されます。

HbA1cが糖尿病型でなくても、血糖値が糖尿病型の場合は、別の日に再検査をします。そして、そこでも血糖値が糖尿病型であれば糖尿病と診断されます。HbA1cの結果のみの糖尿病型の場合は、血糖検査を含め再検査が必要です。

引用元:糖尿病の検査|患者さんのための糖尿病ガイド

 

意外でしたが、糖尿病と確定診断されるまでは何段階かの検査があり、単に血糖値が高いから糖尿病ではありません。

 

症状

糖尿病は自覚症状が乏しく、自分が糖尿病であることに気づいていないケースも少なくありません。それでも、高血糖の状態が続くと

 

  • 喉の渇き
  • 頻尿
  • 疲労
  • 体重の減少

 

と言った症状が現れます。更に進行した場合、意識障害を起こすこともあります。しかし、最も恐ろしいのは合併症です。

合併症

合併症というのは

「ある病気が原因となって起こる別の病気」または「手術や検査などの後,それらがもとになって起こることがある病気」の二つの意味を持つ医学用語
引用元:合併症 - Wikipedia

です。

 

糖尿病は血糖値のコントロールが出来なくなる病気で、僅かな食事でも血糖値が大きく上昇し、一度上がった血糖値が中々下がりません。つまり常時血糖値が高い状態になります。この状態が続くと、血管(特に毛細血管)がダメージを受け、様々な症状を引き越します。

 

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は

糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。
糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症といわれます。定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、実際には日本の中途失明原因の代表的な病気です。
引用元:糖尿病網膜症 - 目の病気百科|参天製薬

 

なんと、最悪の場合失明する恐れがあるのです。管理人も、糖尿病で失明した自営業の人と話をしたことがあります。その人は糖尿病の自覚症状と思われる症状があったにもかかわらず、気にとめずに健康診断なども受けずにいたそうです。

 

すると、ある時目が見えなくなって慌てて病院へ(勿論1人では行けませんので、家族の手を借りて)行ったところ、糖尿病であることと完全失明、そして治療不可能であることを告げられたと。

 

そこから自力で治療してくれる医者を探し、やっと探し当てた専門医の執刀で5回にわたる手術を行い、なんとか右目だけ、0.1以下ながら僅かに視力が回復したと言う事でした。

 

糖尿病性腎症

糖尿病で血糖値の高い状態が長期間続くことで、全身の動脈硬化が進行し始め、毛細血管の塊である腎臓の糸球体でも細かな血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなるとされていますが、根本的な原因ははっきりしません。
引用元:4.糖尿病性腎症 | 腎臓病の種類 | 腎臓病とは | 腎臓病について | 一般社団法人 全国腎臓病協議会(全腎協)

 

根本原因は完全に解明されていませんが、

 

・糖尿病の合併症であること
・腎臓の機能が失われること

 

は、ハッキリしています。そして、進行すると人工透析が必要になってしまいます。人工透析には血液透析と腹膜透析があり、血液透析は週に3回程度病院で4~5時間かけてポンポで血液を透析器荷送り込み、浄化してから体に戻す治療方法です。

 

腹膜透析は月に1回程度の通院で済みますが、予め手術で腹腔内にカテーテルを埋め込んでおく必要があります。
出典:人工透析とは│透析治療・シャントの情報サイト│善仁会グループ

 

そして、透析をしなければ尿毒症により最終的には死に至ります。

 

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害は、高血糖により、手足の神経に異常をきたし、足の先や裏、手の指に痛みやしびれなどの感覚異常があらわれる合併症です。
引用元:糖尿病の合併症~神経障害、網膜症、腎臓障害、動脈硬化~| 知りたい!糖尿病

 

進行すると痛みなどを感じなくなる感覚鈍磨が起きて、結果怪我や火傷などに気がつかず、傷口が悪化して壊疽を起こし、手や足を切断するケースも少なくありません。

 

動脈硬化

糖尿病は動脈硬化の原因となり、心臓病や脳卒中を引き起こします。

 

特に、食後の高血糖が動脈硬化を進行させることが知られています。

引用元:糖尿病の合併症~神経障害、網膜症、腎臓障害、動脈硬化~| 知りたい!糖尿病

 

心臓病、脳卒中、どちらも命に直結する病気です。日本人の死亡原因上位の常連で、

欧米の研究では以前より、糖尿病と心臓病(狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患)発症との間には、強い関連があることが認められていました。そして近年、日本でも大規模な疫学調査の結果から、糖尿病の人は血糖値が正常な人より、約3倍も心臓病を発症する危険性が高いことが明らかにされました。
引用元:糖尿病の人は心臓病のリスクが高い - 協会けんぽ 健康サポート

 

糖尿病になると、心臓病を発症するリスクが3倍に跳ね上がるのです。

 

原因

では、糖尿病原因はなんでしょう?何故人は糖尿病になってしまうのか?

 

1型糖尿病の原因は正確には判明していません。考えられることは、本人の体質(遺伝)。また、何らかの原因でインスリンを分泌している膵臓の一部が破壊される事だとされています。

 

2型糖尿病は、

 

  • 高齢
  • 肥満
  • 遺伝
  • 極度の運動不足

 

が原因であると考えられています。この他にも、様々な生活習慣が関係していると言われています。

 

予防

糖尿病を予防するためには、とにかく血糖値を上げないことです。その為に必要なのが

 

  • 食生活の改善
  • 運動
  • 睡眠
  • 禁煙
  • 節酒
  • ダイエット

 

になります。

 

食事

食事では、過去にはカロリーを中心に考え、低カロリーの食事が推奨されていましたが、現在はカロリーよりも糖質を控える糖質制限が重要だと言われています。

 

糖質を多く含む食べ物は、米や小麦、芋等の穀物類とその加工食品(パン、パスタ、うどん、ラーメン、煎餅、クッキー等)、果物。そして、最も控えるべきは砂糖です。

 

炭水化物や甘い物が好きな方は、血糖値に要注意です。

 

食事や栄養については「血糖値を下げるのに、オススメの食べ物」と「血糖値を下げるのに、必要な栄養素」でまとめています。

運動

運動することで糖をエネルギーとして消費しますので、当然血糖値は下がります。また、インスリンの効きをよくする効果もあると言われています。

 

また、運動によって筋肉量が増える事で基礎代謝が上がり、糖を消費しやすい、血糖値が上がりにくい体質に改善することも可能です。

 

睡眠

睡眠と血糖値には深い関係があります。

 

●起きている時間が長いと飲食回数が増えてしまう

 

●食欲抑制ホルモン(レプチン)の分泌量低下、食欲増進ホルモン(グレリン)の分泌量増加により、空腹感が強くなり食欲が亢進する

 

●体が炭水化物(ごはん・パン・麺類や甘いもの)を欲しがる

 

夜間の食事で血糖値が上がったり、体重増加が進み、血糖値をコントロールするインスリンというホルモンの効きが悪くなったりして、糖尿病の発症リスクが高まってしまうのです。

引用元:睡眠時間が血糖値に影響する!? | 都道府県支部 | 全国健康保険協会

 

なんと、睡眠が不足すると食欲が増進、特に甘い物が欲しくなると言うのです。逆に睡眠不足を解消することで

空腹時血糖値の低下、基礎インスリン分泌能(HOMA-β)の増大などを得られ、2型糖尿病のリスクが低下することが明らかになった
引用元:たった一晩の「睡眠不足」が糖尿病を悪化 睡眠改善のための7ヵ条|ニュース

 

睡眠は最低6時間、それも質の高い睡眠を取る必要があります。

 

禁煙

睡眠不足同様、煙草の健康への害は広く知られていますが、血糖値にも関連しています。

 

たばこを吸うとは交感神経を刺激して血糖を上昇させるだけでなく、体内のインスリンの働きを妨げる作用があります。そのため糖尿病にかかりやすくなります
引用元:喫煙と糖尿病 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

血糖値が気になる方、是非禁煙に取り組んで下さい。

 

節酒

アルコールも血糖値に影響を与えます。と言っても、禁酒までは必要ありません。

原因は明らかではありませんが、適度な飲酒は糖尿病の発症を抑制し、多量飲酒は発症を促進する可能性が、20の大規模なコホート研究のメタ解析で報告されています。
引用元:アルコールと糖尿病 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

飲み過ぎには注意、と言う事です。

 

ダイエット

肥満、それも内臓脂肪型肥満は血糖値を上昇させる要因になります。もし肥満体型ならば、糖質制限や運動、十分な睡眠を合わせてダイエットに取り組んで下さい。

 

肥満によって血糖値が上がる理由について、詳しくは「血糖値が下がらない、サプリメントが効かない理由は○○?」にまとめています。

 

サプリメント

糖尿病の予防には、サプリメントも有効です。カスタマーレビュー等を見ていると、運動や食事と併せてサプリメントを使用した所良い結果が出た、と言う内容を多数見かけます。

 

血糖値が高くなる人は食べること、中でも炭水化物や甘い物、つまり糖質を好む傾向が強く、食事制限は精神的に辛いため続かないことも多いので、サプリメントを併用するのは良い選択だと思います。

 

糖尿病の予防に使えるサプリメントについては「血糖値 下げる サプリメント」をご覧下さい。

 

治療

糖尿病になったら当然治療するわけですが、一般的に考えられているような「病気を治す」と言う治療ではなく、これ以上症状を進行させないための対処療法が中心になります。と言うのも、糖尿病は根本治療が難しいからです。

 

そのため、糖尿病の治療は血糖値を上げないようにする「血糖値コントロール」を、一生続けていかなければなりません。血糖値が下がったからと言って、治療を中断すれば血糖値はまた元に戻ってしまいます。

 

具体的には予防で挙げたのと同じ

 

  • 食生活の改善
  • 運動
  • 睡眠
  • 禁煙
  • 節酒
  • ダイエット

 

これに薬を使った治療、場合によってはインスリン注射を行うこともあります。

 

糖尿病の治療に使われる薬には、

 

インスリンを出しやすくする薬

スルホニル尿素薬(SU薬)
速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)
DPP-4(ディーピーピーフォー)阻害薬

インスリンを効きやすくする薬

ビグアナイド薬
チアゾリジン薬

糖の吸収を阻害する薬 α-グルコシダーゼ阻害薬
糖のは移設を促進する薬 SGLT2阻害薬

 

等があります。

糖尿病と血糖値について記事一覧

糖尿病というのは、血液中の糖分を正常に処理できなくなり、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)の値が一定値を超えてしまう病気で、下記の何れかの場合に糖尿病と診断する。1.下記3項目の内何れか1項目が、日を変えた2回の検査で認められる場合。  1.空腹時血糖≧126mg/dl  2.糖負荷試験2時間値≧200mg/dl  3.随時血糖値≧200mg/dl2.糖負荷試験が糖尿病型で、下記の2項目の何...

血糖値を下げようと、糖質を制限したり運動をしたり、血糖値対策のサプリメントも使ってみたけど効果が出ない、ちっとも血糖値が下がらない。いろんなサイトを見ても、毎日の食事と運動が大切だと書いてある。サプリメントで血糖値が下がったという体験も沢山ある。それなのに、どうして自分だけ、食事も運動もサプリメント効かないのか?。なんだか、凄く理不尽な仕打ちを受けているような気分になってしまいますね。しかし、そこ...

・血糖値の測定をしたら、凄く悪い数字が出たので今すぐ下げたい。・元々血糖値が高かったのに、甘い物食べちゃったのでヤバイかも知れない。・明日健康診断なので、それまでになんとか血糖値を下げたい。etcと言うときに、血糖値を速攻で下げる方法はあるのでしょうか?。

血糖値対策としてサプリメントの紹介をしている当サイトですが、血糖値の対策に食事は欠かせません。普段の食事に血糖値が上がりやすい食材を多く摂っていたり、血糖値対策に必要な成分が不足していると、サプリメントだけでは対策が追いつかなくなります。そこで、普段から意識したい、血糖値に効く成分と食べ物をまとめました。ヨーグルトハーバード公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授らの研究チームが、1986年から...

血糖値対策として血糖値 下げる サプリメントを紹介している当サイトですが、血糖値の対策に食事は欠かせません。普段の食事に血糖値が上がりやすい食材を多く摂っていたり、血糖値対策に必要な成分が不足していると、サプリメントだけでは対策が追いつかなくなります。そこで、普段から意識したい、血糖値に効く成分と食べ物をまとめました。

TOPへ